任意整理、個人再生、自己破産の相談先

借金減額の相談先

借金200万円で自己破産

自己破産

借金200万円で自己破産できる?その後はどうなる?

投稿日:

借金200万円 自己破産

借金200万円で自己破産する方も多いです。
借金200万円は少額と言ってもいい借金の金額ですが自己破産は可能です。
自己破産できるかどうかの判断は「支払い不能状態」にあるかどうかのためです。
たとえ100万円の借金であっても自己破産している方もいます。
借金200万円での自己破産、その後の生活がどうなるか不安、心配で・・・といった方も多いと思います。
しかし、自己破産のメリット・デメリットを理解する事で借金がチャラになることのメリットが大きいと思うようであれば、早めに債務のの手続きをされることをおすすめします。

借金200万円で自己破産できる

支払い不能状態のために、借金200万円で自己破産する方は多いです。

借金が200万円もあると、年収300万円、400万円といった方の場合には毎月の返済額が非常に厳しい金額になるのではないでしょうか。

特に収入が乏しいシングルマザーや、お子さんがいて固定の生活費が多く必要な方なども返済が厳しいでしょう。

借金返済のために、新たに借り入れをするのだけは避けなければなりません。

自己破産するかどうかの目安は「3年以内に返済できるかどうか」とされます。

人により借金返済のための支払能力は異なるため、必ず自己破産の免責がおりるかどうかは裁判所の判断による、ということになります。

ただし、その前段階として債務整理のプロである弁護士に相談をして、今の借金状況で自己破産ができるかどうかといった相談をすることができます。

自己破産の目安は、3年以内に自力で返済できるかどうか

自己破産を考えた方が良い借金の金額の目安としては、

「3年以内に自力で返済できるかどうか」

年収300万円、400万円といった会社員の方の場合には、月々の返済に回せる金額が少ないと思います。

生活はしていかなければなりませんからね。
税金の支払いだってあります。

もしかすると、離婚経験があって養育費の支払いがある方、他には奨学金の返済もあって生活が既に厳しい方もいるかもしれません。

利息もあります。

借金の返済をしても利息に半分以上消えてしまう場合、何年経っても返済が終わらない・・・といった気持ちになってしまうかもしれません。

今後の借金返済計画を考えてみて、5年、6年とかかりそうであれば自己破産をして生活を立て直した方が早い可能性はあります。

返済も確実に続けられるとは限りません。

病気による入院、さらに生活費が高くなる可能性なども考えてギリギリの返済額を立てるのは避けるべきです。

そうしたことも考え、3年以内に自力で返済できない場合には、自己破産も視野にいれて債務整理の相談をされることもお考えになってみてください。

同時廃止とは

裁判所では自己破産の申し立てがなされた場合、

  • 管財事件(少額管財事件)
  • 同時廃止

のどちらかで処理をしますが、費用も少なくて済み、かかる時間も短くて済む同時廃止で処理してもらいたいところです。

同時廃とは、資産が少ない場合に破産手続きの開始とともに自己破産が確定することを言います。

自己破産の場合、ほとんどのケースが同時廃止になっています。

借金返済のために資産がある方は、自己破産を考えるところまで至る前に、財産を処分をして返済に充てているケースが多いことも考えられます。

貯金も返済に回して底を尽いてしまっている方も多いでしょう。

自己破産の申し立ては自分でも可能、ですが・・・

実は、自己破産は自分で申し立てをすることも可能です。

当然、自分で裁判所に申し立てをすることで弁護士費用は浮きます
弁護士費用も相場として40万円などかかりますから、高額です。

その費用負担があるので自己破産することに迷っている方もいるかもしれません。

しかし、自己破産をするには多くの書類、資料、裁判所とのやり取りも発生します。

専門知識を持たない個人が自己破産をスムーズに進めるのは非常に難しいといえます。

申し立てに失敗をして自己破産が認められない可能性もありますし、同時廃止ではなく少額管財事件として扱われることになる、など余計に出費が増える可能性もあります。

債務整理のプロである弁護士に依頼をすれば、確かに弁護士費用はかかってしまいますが手続きの全てを任せることが出来ます。

経験豊富な弁護士は、自己破産の際に裁判官の説得にも力を発揮してくれます。

特に、ギャンブルや浪費が原因で借金が膨らみ、自己破産をお考えになっている場合には専門家のアドバイスは欠かせないといえます。

弁護士費用の支払に関しては、後払い可、分割払い可、支払回数も出来るだけ負担にならないように考慮してくれる弁護士事務所などは多いです。

⇒ 東京ロータス法律事務所

のように、相場よりも安く債務整理を引き受けてくれる法律事務所もあります。

匿名・無料で債務整理について相談ができますから、自己破産の手続き、免責が受けられるかどうかについて不安がある方は、こうした債務整理の専門家に一度、相談をされることをおすすめします。

お住まいになっている地域にも、破産について相談が出来る無料相談所があると思います。

区役所などでも法律・各種相談(破産の相談など含め)のご案内があるでしょうから、確認してみることもおすすめします。

自己破産後の生活はどうなる?

自己破産後の生活ですが、そこまで大きく生活が変わるのは自宅など大きな資産を持っていた方といえます。

自己破産をするからといっても、全ての財産は没収されるわけではありません。

手元に残る財産もありますし、生活に必要な資産も手元に残すことが出来ます。

自由は処分する必要はありません。

自己破産での自由財産とは、次のようなものを言います。

新得財産

破産手続きが開始した後に取得した財産。

破産手続き開始後に得た給料などはこれに当たります。

差押禁止財産

生活必需品などは差し押さえすることが出来ません。

99万円以下の現金

「銀行等の預金や貯金」を含まない、99万円以下の現金は手元に残すことが出来ます。

自由財産の拡張がなされた財産

裁判所の決定により、自由財産として扱うことが認められた財産です。

破産財団から放棄された財産

換価処分が不可能、もしくは換金が困難な財産は破産財団から放棄されるので処分しなくても良くなります。

といったように生活をするために必要なものは手元に残るようになっています。

ただ換金性のある資産は処分をして、借金返済に充てる必要がありますから自宅や車といった資産価値のあるものは手放すことになります。

ただし、自動車に関してはローンが無く、中古車市場で20万円以下の価値しかない場合には手元に残すことが出来ます。

自己破産、リセットするということ

多くの方は、自己破産をして借金に追われることが無くなり、気持ちが楽になったと言います。

毎日朝から晩までお金について悩んでいた生活が一変して、借金が無くなるのですから、非常に大きな変化といえるのではないでしょうか。

借金問題は目を背けても、後回しにすればするほど利息も増えますし、滞納していれば遅延損害金も発生し、いずれは督促も来てしまいます。

これからの生活を考えてみて、自己破産をしなければ5年後、10年後も返済に追われて生活が圧迫されているかもしれない・・・といったことであれば、自己破産も含めて債務整理の手続きをお考えになってみても良いのではないでしょうか。

⇒ 借金減額の相談先

-自己破産
-,

Copyright© 借金減額の相談先 , 2019 All Rights Reserved.