任意整理、個人再生、自己破産の相談先

借金減額の相談先

借金減額の相談をしたい

借金減額相談、どこが良い?

借金返済がもう難しい・・・限界、といった場合。

借金減額の手続きを取ることで生活の立て直しを図ることが出来ます。

何年にも渡って借金返済をしてきた、という方も多いと思いますが、その借金はちゃんと元本が減っていますか?
支払利息を払うので手一杯・・・この先何年間、ずっと借金を払う事になるのだろう・・・?

返済のために他の貸金業者から借金をしていませんか?
多重債務は借金地獄の始まりともいえます。

もしかすると、既に貸金業者からの取り立て・督促にお困りの方もいるかもしれません。

借金問題は、放っておいても解決することは無いでしょう。

少しずつでも借金返済が進んでいるでしたら、借金減額相談とは調べないのではないでしょうか・・・。

借金の専門家に、借金減額相談をしてください。

国が認めた合法的な方法、債務整理の方法により借金減額をどう実現するかを相談することが出来ます。

⇒ 【匿名・無料相談可】経験豊富な弁護士が対応、債務整理の実績が豊富【東京ロータス法律事務所】

匿名、無料であなたの借金がどれくらい減額できるか、債務整理の方法に関して相談をすることが出来ます。

借金減額の専門家に相談することで、解決策を具体的にアドバイスしてもらうことが出来ます。

結局、自分で情報収集をしてどんな債務整理の方法が良いのかと考えてみても、実際には弁護士に依頼をする方が多いと思います。

自分でも任意整理などの手続きをすることは実は可能ですが、とても大変です。

債務整理の経験が豊富な弁護士に任意整理、個人再生、自己破産などの借金減額の手続きを依頼した方が大きく減額に成功する可能性は高いでしょう。

貸金業者との交渉などをもし自分でするとなれば、非常に不安ですし不利といえます。
(それ以前に、素人と交渉しないという方針で貸金業者から門前払いになる可能性も高いのですが)

借金減額(債務整理)を専門家に依頼するメリット

借金の返済が厳しい、取り立てに悩んでいる・・・といった場合には、出来るだけ早く弁護士や司法書士といった債務整理の専門家に相談をし、依頼することが解決への近道となります。

・自分の借金状況に合った債務整理の方法を提案してくれる
・取り立て・督促が最短で即日止められる
・手続きを確実に、迅速に進めてもらえる
・過払い金の有無が分かる
・借金減額出来る可能性
・将来利息のカット
・借金返済の計画を考えてもらえる

債務整理の方法を取ることにより、確実に借金問題を解決に向かうことが出来ます。

もちろん、家族に秘密、バレないように任意整理をしたり、夫や妻などに内緒で自己破産をしたいといった希望にも可能な限り対応してもらうことが出来ます。

自己破産の場合には家族に秘密にしたいと思っても、どうしてもバレてしまう条件もありますが、任意整理であればバレずに手続きを進めていくことは十分可能でしょう。

借金の金額は問わず、債務整理は出来ます

借金問題に悩む方の中には、借金が80万、100万円だから自己破産は出来ないのでは?
債務整理をするには金額が少ないのではないか・・・
という方もいます。

しかし、債務整理の方法は金額ではなく返済出来るかどうか、返済により生活が圧迫されているかどうか、といった債務者の状況も大きく影響してきます。

借金の総額が80万円でも自己破産したというケースも少なくありません。

借金を放っておくとどんどん膨らんでしまう、という状況になってしまっている方が多いと思います。

任意整理をすれば、過払い金が無い場合でも支払利息をカットし、確実に元本が減るようにして返済完了を目指すことが出来るようになります。

個人再生であれば、借金総額を5分の1程度まで減額をして、返済をしていくことが出来ます。
借金1,000万円から200万円に減り、毎月の支払い額も10万円から3万円などに減額になれば、生活は楽になります。

自己破産は資産を手放す必要はありますが、借金を全て無し、ゼロにして生活の立て直しを図ることが出来ます。

借金が2,000万円あってもゼロになります。

もちろん、こうした強力な借金減額の手続きですから、デメリットは存在します。

しかし、それ以上に借金返済で辛い日々から解放され、前向きに生きていくことが出来る、ということは大きなメリットではと思います。

そうした借金減額相談の入り口として、借金減額シミュレーターを活用される方も多いです。

債務整理の専門家への借金減額相談にご活用ください。

借金が返せないとどうなる?

借金が返せないと、どうなるでしょうか?

まず、支払が延滞すると「電話で催促」が来ます。

まだこの時は、返済をお忘れになっていますが・・・といった内容となりますので、さほど精神的にキツイこともないかもしれません。

指定された期日までに入金をして、返済を済ませることで問題は特に無いでしょう。

しかし返済したいけれどお金がない、返済が難しい・・・ということで返済をしないでいると、催促の電話が増え、間隔も短くなってきます。

お仕事をしている場合、さらには職場への電話も考えられます。

貸金業者の担当者が自宅に訪ねてくるケースもあるようです。

それでも滞納をしていると、ブラックリストへ載ることになります。

督促状が届いた場合、かなり厳しい局面になっていると考えた方が良いでしょう。
なにせ、督促状は「裁判所への証明書」となります。

返済をしてもらうために色々と手を尽くしました、ということで仕方無く裁判をする、という証明になるためです。

その後は、法的な手続きを経た上で給料の差し押さえなどが行われます。

差し押さえられると会社に借金がバレますし、非常に居にくくはなるでしょう。
しかし、会社を辞めるということは収入が途絶えるということになりますから、退職する選択肢は無いでしょう。

また、差し押さえを理由に解雇になることはありません。

とはいえ、給与の差し押さえの件は隠しても隠しきれるものではありません。
社内では話題にはなるでしょう。

針のむしろに座るような形で、ずっと仕事を続けていくことになります。

借金返済に困り、もう借金が返せない・・・といった状況になった場合には、早めに専門家に相談をすることが大切です。

無料・匿名で利用出来る弁護士に相談をする方法をおすすめいたします。

⇒ 【匿名・無料相談可】経験豊富な弁護士が対応、債務整理の実績が豊富【東京ロータス法律事務所】

Copyright© 借金減額の相談先 , 2019 All Rights Reserved.