借金返せない、を解決する方法
借金返せない、を解決する方法 > 借金返せない時の債務整理 > 借金延滞、滞納中でも債務整理できる?
借金滞納中の債務整理

借金延滞、滞納中でも債務整理できる?


借金滞納中の債務整理

「借金延滞、滞納中でも債務整理できるの?」と思っているあなたへ。

結論からお伝えすると、滞納中でも債務整理はできます。しかし給料差し押さえの支払督促が届いていたり、強制執行の通知が来ていれば、深刻な事態と言えるでしょう。

何事もそうですが、早め早めに動く方が解決しやすいですよ。借金問題も同様です。

弁護士事務所、司法書士事務所によっても異なりますが、中には差押え通知が届いた後に相談しても、

「もっと早い方が解決しやすかったですね」

と言われることもあると思います。

特に任意整理は貸金業者(信販会社や消費者金融、銀行など)との和解交渉になりますから、借金の催促を無視する前に、誠意を持って交渉する方がまとまりやすいケースもあります。

給料や財産の差押えに発展するまでに、おそらく何度も貸金業者から連絡があったと思います。

しかし電話を無視したり、催促のハガキや手紙をスルーし続ければ、貸金業者としても支払督促や訴状を送らざるを得ないんですよね。

まれにパタッと催促が止まることもありますが、基本的には引越しても結婚しても、取り立ては続きます。それが契約というものですね。

サラ金地獄の時代のような高圧的な取り立て、暴力的な債権回収は禁止されていますが、それでも携帯電話に連絡したり、自宅への訪問自体は禁止されていませんので(早朝や深夜は禁止されていますが)、真摯に対応しなければ事態は悪化しますね。

そうは言っても、債権回収がどの段階まで進んでいても、何らかの対策を講じなければならないでしょう。

ベストな時期は借金延滞する前ですし、滞納してもすぐ弁護士や司法書士に相談する方がスムーズに解決しやすいです。

今すぐ弁護士、司法書士へ無料相談

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産と種類がありますが、先ほどお話したように任意整理は私的な交渉になります。個人再生と自己破産は裁判所に申請する手続きですね。

任意整理を私的交渉、個人再生と自己破産を法的交渉と呼ぶこともありますが、いずれにしても、今すぐ法律事務所に相談する方が良いですよ

弁護士や司法書士は法律のプロですから、借金解決の方法を提案してくれますし、費用に関しても分割払い可能な事務所が増えています。

私も任意整理を体験しましたが、分割払い可能でしたし、交渉中(平均3ヵ月~4ヵ月間)は借金返済がストップしますので、その期間に司法書士事務所に費用を支払うことが出来ました。

弁護士・司法書士に依頼すると、すぐに貸金業者へ受任通知が送られます。その通知が届いた後は、貸金業者から債務者への取り立てがピタリと止まりますよ。

あなたが依頼した法律事務所が、交渉の窓口になってくれるんですよね。

私はそれだけで、夜ぐっすり眠れるようになりましたし、ありがたかったです。

借金解決の第一歩を踏み出しましょう

やはり借金滞納して、頻繁にサラ金やカード会社から催促を受け続けるのはつらいですよね。

借金を返せいのは自分のせい…と分かっていても、

「いつまでに払えますか?」

「その日までは待てません。早急に支払って下さい」

と言われ続ければ心が折れます。

すでに「借金返済できなかった…」という負い目を感じて、自信喪失、自己嫌悪になっているわけですから、どんどん精神的に追い込まれることでしょう。

自殺や夜逃げする債務者の気持ちも分かりますが、まずは借金解決に向けての第一歩を踏み出して下さいね。

実際に踏み出してみると、案外スムーズに解決の道が見つかるものです。

日本は法治国家ですし、信頼できる弁護士、司法書士も多いので、ぜひ無料相談から始めて頂ければと思います。